気になる離婚相談のその費用について

離婚を決意した場合、相手方とその条件について話し合いを進めていかなければなりませんが、当事者間では感情的になってしまい、話がまとまらないことも少なくありません。また、相手が離婚に同意しない場合、話し合いに応じない事もあり、いつまでも決着がつかないことにも成りかねません。こういった場合、誰かに相談したいものですが、親権や財産分与など非常に複雑な問題であり、自分の知られたくない部分を曝け出すことも必要になりますから、簡単に両親や友人に相談できるものではありません。こういった場合、弁護士に離婚相談を行うことが得策ですが、気になるのはその費用です。離婚が成立すれば、慰謝料や財産分与により支払いは可能かもしれませんが、離婚が成立していない時点では不安になるのも仕方のないことです。

弁護士事務所の無料相談と有料相談の違いとは

弁護士に離婚相談を行う場合、その内容によって費用は異なります。まず、調停離婚や裁判離婚の制度などの概要について説明を受けるのであれば、無料相談の範囲内ですから費用はかかりません。ただし、慰謝料で請求できる金額や親権が取れるか等、具体的な内容については対象外になります。あくまでも無料相談は、実際に依頼してもらうために弁護士事務所が行っているPR活動と捉えるべきです。本格的に離婚の相談を行う場合には、当然費用がかかりますが、その相場は1時間あたり5000円となります。相談内容は、慰謝料として請求できる金額、財産分与の内容、親権を取ることができるか等、事例に即したものとなります。また、調停や裁判の進め方なども丁寧に解説してもらえますので、離婚の条件や進め方を具体的にイメージすることができます。

離婚相談を利用して離婚問題に強い弁護士事務所を見極める方法

離婚に限らず、調停や裁判において弁護士の役割は非常に大きいものです。極論すれば、弁護士の力量が、調停や裁判の結果を全く別なものに変えると言っても過言ではありません。ですから、弁護士選びは慎重に行わなければなりません。具体的には、離婚問題に強い弁護士を見極める必要があるのです。そこで利用したいのが、弁護士事務所の離婚相談です。一般的には、一つの事務所にしか相談しないものですが、複数の弁護士事務所に相談すると、その内容の違いを実感できます。費用をかけたくない場合は、無料相談でも構いませんが、有料相談の方がより具体的に結果がわかるのでお勧めです。離婚に強い弁護士事務所であれば、非常に丁寧な説明を行いますし、離婚条件も現実的で高いものですから安心して依頼することができます。